国民病の一つ|自宅まで介護食を届けてくれるクリニコ|美味しくて便利なサービス

自宅まで介護食を届けてくれるクリニコ|美味しくて便利なサービス

シニア

国民病の一つ

作業員

食べ過ぎが原因

40歳以上の10人に1人は糖尿病の患者と言われていて、現在では糖尿病は国民病とも言われています。糖尿病の原因は食べ過ぎや運動不足、肥満やストレス過多などがあげられています。はじめのうちは糖尿病による自覚症状はありませんが、ほおっておくと体の代謝機能が異常をきたしてしまって神経障害や、失明、壊疽や腎症など取り返しがつかない、いろいろな合併症を引き起こしてしまいます。糖尿病の危険信号をキャッチしたならば、赤信号に変わらないうちに適正な食事の習慣を身に着けて毎日適度な運動を行う必要が出てきます。食べ過ぎが原因になっている糖尿病ですが食べてはいけないものを守ることより、むしろいろいろな食品をまんべんなく食べることが大切になってきます。

いろいろなものを

糖尿病の人の適正なエネルギーの量は、生活をしていくうえできちんと血糖値をコントロールでき標準の体重を保つことができる食事の量になります。このエネルギー量は症状の良し悪しとはほとんど関係はありません。その人の年齢や性別、生活運動量を考慮して決定されます。糖尿病の場合食事の量は制限されてしまいますが、食べてはいけない食品はありません。むしろいろいろなものを食事として食べるのが理想的になっています。血糖値のコントロールに一役買っているのが食物繊維です。食物繊維は便と一緒に食物の中の糖を輩出してくれますので、血糖値の上昇を防ぐ効果を持っています。牛乳は良質なたんぱく質と不足しがちなカルシウムを手軽にとることができますので、必ず飲むようにしたいものです。