ストレスなく続けること|自宅まで介護食を届けてくれるクリニコ|美味しくて便利なサービス

自宅まで介護食を届けてくれるクリニコ|美味しくて便利なサービス

シニア

ストレスなく続けること

男女

知識が必要

私たちの体の中では、エネルギーを生み出した後に、老廃物が発生します。その老廃物を体の外に出すための仕事をしているのが腎臓です。ですが、何らかの理由で、腎臓病になってしまうと、体内から老廃物を出すことが困難になってしまいます。腎臓に負担をかけないためにできることは食事療法です。腎臓病の症状や、状態によって、摂取できるたんぱく質、エネルギーなどが医師から指示されます。腎臓病になると、食事のたんぱく質を減らすことがよく言われます。これは、エネルギーを減らさないようにたんぱく質を減らすという意味です。摂取するエネルギーが減ってしまうと、自分の筋肉などのたんぱく質をエネルギーとして利用してしまいます。たんぱく質はほかの栄養素と違い、エネルギーとして利用されると老廃物が出てしまい、腎臓に負担をかけてしまうのです。

便利な方法もある

食事療法では、塩分についても制限が必要です。腎臓の機能が低下しているため、ナトリウムの排出も困難になります。簡単に食べられるカップラーメンは、腎臓病では塩分の量が多すぎてしまいます。その他に、病状によりますがカリウムも制限しなくてはなりません。気を付けたいことは、食物の中には、たんぱく質や塩分などが元から含まれているということです。たんぱく質が多い食物を制限しても、その他の食物にたんぱく質が含まれていることを考慮して献立を作らなければなりません。献立は作るのに知識や慣れなどが必要になります。一人暮らしの場合では、食事療法で一人分の食事を作るのは大変です。そういうときでも、治療用特殊食品や、食事療法に対応した宅配食などを利用すると、ストレスなく続けることができます。